トップページ > 基礎知識

カウンセリングからメンテナンスまでの矯正歯科治療の流れ

1.問診とカウンセリング

まず初めの診察では、矯正についてのお話をしていきます。 現在の状態から、なぜ治療が必要なのか、治療をおこなうことでどのようなメリットがあるのかや、実際に治療にかかる金額や期間、治療の仕方などを説明していくことになります。
それぞれの希望や、その時の状況に合わせて慎重にカウンセリングを行いますので、装置についての希望や疑問などあれば、この時にしっかり相談しましょう。

このページのトップへ

2.精密検査

現在の口内環境について、必要なチェックをしていきます。
歯並び、噛み合わせ、虫歯の有無や以前治療した歯の確認、口腔内、顎関節の状態などを確認し、矯正に必要な資料を取ってそのデータをもとに治療についてさらに精密に計画を練る必要があるのです。
また見える部分だけではなく、通常見えない歯根の状態なども確認するため、レントゲンや歯型を取ってさらに精密にシミュレーションしていきます。

このページのトップへ

3.治療方針の提案

精密検査でシミュレーションした結果をもとに、本格的に治療を始めるために話し合いをします。
治療方法の説明や詳しい装置の説明、料金について詳しく説明していきます。
人によっては装置を装着する前に事前準備が必要なこともあり、虫歯の治療や抜歯が必要な場合もあります。
年齢によって施術内容が変わってきますので、治療を始める時期をずらして矯正を始めることもあります。

このページのトップへ

4.装置の装着

説明した治療計画の通り、施術をしていきます。
装置の装着は、矯正が始まると基本的には終わるまで取り外しはしません。
なので、装置を装着してからの注意点などを詳しく説明するとともに、装着中のブラッシング指導も一緒に行っていきます。

このページのトップへ

5.装置装着後の調整

装着した装置の種類や、どのくらい歯が動くかによって異なりますが、定期的に装置の点検や調整を行っていきます。
大体一か月前後、動きによっては二か月に一度といったペースで調整を行っていきます。
矯正の進み具合によって変わってきますが、大体1年から3年程度かかります。

このページのトップへ

6.治療後の保定

矯正が終わり装置が外れた後でも、まだ油断することはできません。
装置が外れた後、そのままにしていると歯はまた動き出してしまうのです。
いわゆる「後戻り」という現象なのですが、この後戻りを最小限に抑え、治療後の状態を保つために保定期間が必要になります。
保定装置を装着してからの期間は大体2年くらいが平均ですが、後戻りの状態によってはさらに長い期間かかることもあります。
保定中は数か月に一度のペースで確認していくことになります。

このページのトップへ

ご相談・お問い合わせ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談