トップページ > 基礎知識

医療費控除について

一年間にかかった医療費の金額が10万円を超えると、医療費控除の対象になります。
医療費控除とは、上記の場合において医療費が税金の還付対象になる制度のことで、個人の医療費だけではなく配偶者や親族も含め、同じ家計内でかかった医療費全てが対象になります。
医療費控除に必要なものは、

  • 治療にかかった際の領収証
  • 申告書、医療費の明細書など、税務署でもらう書類
  • 医療保険などで補填された金額がわかるもの
  • 源泉徴収表
  • 認印、受取り用の口座

以上になります。
医療控除には必ず必要になるので、歯科でもらった領収証は必ず保管しておきましょう。

医療控除の金額は、一年の治療費の合計から保険金などで補填された金額を差し引き、実際に負担した医療費から所得金額の5%か10万円のいずれか小さい金額を引いた額になります。
また、交通費はバスや電車であれば対象となるため、医療機関までにかかった費用があれば必ず記録しておきましょう。
自家用車などを利用した場合には、そのガソリン代や駐車場代は対象外となるため注意が必要です。

上記の医療費控除額に所得税を掛けた金額が、実際に還付される金額になります。
医療費控除には領収証など、とにかく金額がしっかり記載されている物が必要になるので、なくさないように注意しましょうね。

このページのトップへ

医療費控除の控除金額

医療費控除の控除金額

上記の医療費控除の上限は200万円までとなっています。

交通費の問題ですが、その医療機関までにしようした交通機関や費用などをきちんと記録しておきましょう。
ただし、車を利用する場合、ガソリン代・駐車場代はその対象外となるため、移動にはバスや電車の利用をおすすめします。

このページのトップへ

医療費控除で戻ってくる金額(還付金額)の目安

医療費控除で戻ってくる金額(還付金額)の目安

このページのトップへ

医療費控除に必要なもの

  • 1,治療費の領収証
  • 2,税務署でもらう書類(申告書、医療費の明細書)
  • 3,医療保険などで補填された金額のわかるもの
  • 4,給与所得者の場合には、還付申告をする年分の源泉徴収表
  • 5,認印、還付金を受け取る口座番号(本人名義のもの)

このページのトップへ

ご相談・お問い合わせ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談