トップページ > 基礎知識

矯正歯科とは

いびつな歯並びや不正な噛み合わせを正し、本来の美しい歯並びに治していく治療をおこなっていくのが、矯正歯科の仕事です。

主な内容としましては、遺伝や生まれつき、生活習慣の中で乱れてしまった歯列を時間をかけて正常な状態に正していくことです。

以前は矯正といえば子どもがおこなうものという印象がありましたが、現在では大人になってから治療を受ける人も多くなってきました。
というのも、以前は治療に必要な装置の発達が進んでおらず、大人になってからでは歯が動きにくいために上手く歯並びを正すことができませんでした。
ですが時間の経過と共に技術の進歩が進み、装置の改良や施術、治療技術が発展していった結果、大人でも治療に前向きに取り組めるようになりました。

また、現在では歯並びが健康に及ぼす影響や、歯周病など口内トラブルにも関係性があることがわかっており、ますます治療の重要性が指摘されています。 正しい噛み合わせを作ることはもちろん見た目の美しさもありますが、それ以上に身体バランスにも重要な要素であると言えます。 矯正は子供もですが、大人になって気になる点が出てきてからでも遅くはないのです。

このページのトップへ

矯正治療をする理由と目的

見た目の美しさを重視するだけではなく、本来の歯列に正すことが矯正歯科の一番の目的です。
“出っ歯”や“受け口”、“すきっ歯”などの噛み合わせの不良は、審美的にもよくありませんし機能的にも様々な不調が生じやすいです。

たとえば、

  • 虫歯、歯周病になりやすい
  • 歯槽膿漏になりやすい
  • 前歯で食べ物が噛み切れない
  • 噛み合わせの不良により、顎の関節や肩に不調がでたり、頭痛の元になる
  • 歯並びの悪さにより、口元に劣等感を抱えてしまう

など、上記のような問題が発生しやすいです。
特に食べ物を噛み切れないというのは問題で、固いものを食べたがらなくなったり、変な噛み癖がつくことでさらに噛み合わせを悪くする事になってしまいます。
噛み合わせが悪くなればさらに虫歯や歯周病の危険も増え、悪循環に落ちいてしまうのです。

矯正治療をおこなう理由は人それぞれですが、口内環境を整え、正しい噛み合わせにすることで様々な口内トラブルを回避し、いつまでも健康な歯を保っていくことを第一に考えています。

このページのトップへ

ご相談・お問い合わせ

不安や疑問を残さず、何でも
気軽にご相談ください。

無料メール相談